ホーム
会社案内
サービス案内
社会貢献活動
ECOプロジェクト
お問合せ
 


 南日本警備保障は、創業時から社是として「奉仕」を提唱し、地域に根ざした安全産業として警備サービスをご提供するとともに、地域の皆様とのふれあいや警備会社ならではの特性を生かした安心安全社会創出活動を通して地域社会に貢献してまいります。

  •  赤十字救急法指導員による救急法講習

 

 救急法指導員とは、日常生活における事故防止の知識と、思わぬ事故や災害にあった人や急病になった人に対して、医師や救急隊に引き継ぐまでの応急手当などの指導者としての役割を持った者のことを言います。 

当社では、この資格を持つ社員が職場や学校施設などで開かれる講習会にボランティアで参加して、指導にあたっています。                                            また、夏休みに社員の子供たちを招待し、パパやママと一緒に講習会に参加してもらい、救急法の技術を学ぶだけでなく、「助けられる命を助けたい」という命の授業を行っています。

  •  こども110番

 全国的にこどもを狙った凶悪事件が後を絶たず、社会問題となっています。               当社では、未来をつくるこどもたちを守ることは警備会社として当然の使命と考え、          「こども110番の家」に参加しています。                                    「こども110番の家」運動は、賛同者の家や店に活動ステッカーを掲示し、児童、            青少年から助けを求められたり、危険に巻き込まれる事故や事件を発見したとき、           一時的な保護と関係機関への通報などの支援を行うものです。                       当社は24時間、常に稼働中の本社、営業所の事務所を「こども110番の家」に             指定するとともに、車両にステッカーを掲示し、移動中でも児童や青少年の安全を           見守る「うごくこども110番」を展開しています。 

  •  献血

 当社では、日本赤十字社の人道的活動に賛同して赤十字社員に参加するとともに、個人で行ってきた献血活動を会社ぐるみで取り組むこととし、毎年2月に献血を行っています。

  •  交通安全活動への取り組み

 毎年春と秋に実施される全国交通安全運動に参加し、街頭指導、啓発活動を行っています。    社員には定期的に交通安全講習と救命講習を行っています。 

Top